ダイエット目的としてのウォーキングのメリットとデメリット

ダイエットの基本は運動だとよくいいますよね。運動といってもいろいろな方法がありますが、ダイエットの一環としてウォーキングを続けているという人は多いです。ダイエットブログなどを読んでも、ウォーキングを取り入れることによって効率的にダイエットに成功したという人はたくさんいるようです。ダイエット目的のウォーキングのメリットとデメリットについて、考えてみました。

ウォーキングのメリット

ウォーキングのメリットは、だれでも気軽に始めやすいということです。ウォーキング運動に必要なものは運動靴くらいで、ジムやエステに通う必要もありません。当然、費用もほとんど掛からず、手軽に今すぐ始めることができます。

今までほとんど運動をしていなかった人でも、ウォーキングならすぐに開始することができます。ウォーキングは、ジョギングやランニングのように激しくないので、長時間継続して行うことも難しいことではありません。

また、ウォーキングにはダイエット以外にも、さまざまな健康効果が期待できます。基礎代謝を高めたり、デトックスやむくみ解消効果、リラックス効果もウォーキングに期待できるものです。定期的なウォーキングを習慣とすることは心肺機能を高めるので、ダイエット以外の健康増進効果も得られるとされています。

ウォーキングのデメリット

ウォーキングのデメリットとしては、運動量が比較的低いので、それほど多くカロリーが燃えないということでしょう。また、腕などの部分痩せには効果があまり期待できません。

もう一つのデメリットは、天候に左右されるということもあるかもしれません。天気の良い日や気候のよい季節なら、外で少し散歩するのは苦になりませんが、雨の日が続いたりすると、せっかく習慣づけたウォーキングができなくなることもあります。

まとめ

ウォーキングはダイエットとして非常におすすめな運動です。しかし、それでも人によって合う合わないがありますし、デメリットがないわけではありません。自分のライフスタイルによって、無理なく取り入れられる範囲で行ってみるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です